始めはどうしたものかと・・・大阪西成区 岡田様

okada0902 jt.jpg

築30年超建物の現状「外壁のひび、ブロック飛散ー下地腐食ー雨漏り」から救いを求めるべく重い腰を上げ、業者を探索し辿り着いたのが御社でした。

そして、安田さんの実直で誠実なお人柄・対応力に魅かれ他社との比較や駆引きをすることもなく、外部改修の工事請負契約を結ぶ運びとなりました。

丁寧な仕事ぶりはもちろん、住まう人を思いやり、家を労わる心遣いが細部に亘って感じられる工事をして頂きました。おかげさまで、雨漏りの心配から解放され、穏やかに暮らすことができます。深く感謝しております。

今回のご縁を大切に長くお付き合いさせて頂きたいと思います。

本当にありがとうございます。

(始めはどうしたものかと)

 岡田さんは、当初、雨漏りがひどく、もう家を解体したいということで、はじめてお電話いただきました。ところが、よくよく話をお聞きすると、できるものなら、家を残しておきたいとのこと。近隣関係、構造、予算を考慮の上、外部の改修工事をすることに。正直、雨漏りがひどく、どうしたものかと思いましたが、皆様に喜んでいただけることができてよかったです。

 工事中に弟さんが退院してこられ時には、退院祝いのお裾分けを職人さんたちにもいただき、ありがとうございました。

 ありがたいお言葉感謝いたしております。これからもよろしくお願いいたします。